キッズ脱毛 中学生 小学生

家庭用脱毛器は子供が使っても大丈夫?小中学生におすすめな脱毛器も紹介

更新日:

子供脱毛器家庭用

子供の頃から始めるムダ毛処理は、長い期間において頻繁に必要になるから大変ですよね。

カミソリでは肌を切ったり傷めたりするトラブルが多発したり、またすぐに伸びてきて頻繁な処理をしなければいけないなど、カミソリ処理を続けるのも不安です。

皮膚表面上のムダ毛だけをキレイに取り除いても、皮膚の毛穴内に残ったムダ毛の黒いブツブツが目立つ…

これらを何とかするために、検討したくなるのが「脱毛」です。

脱毛とは毛根から毛を1本まるごと取り除くムダ毛処理手法のことを言います。カミソリのように皮膚表面に出たムダ毛だけを処理する方法は「除毛」と言います。

脱毛はムダ毛処理の頻度が少なくて済んだり、毛穴内にムダ毛が残らないので黒いブツブツが目立たなくなるなどメリットも多いですが、

  • 脱毛は何歳から可能なのか?
  • 子供が脱毛する際の注意点は何か?
  • 小中学生でどうしても自宅で「脱毛」処理をしたい場合はどの機器を選べばよいか?

など、お子さんへの脱毛処理について不安なことも多いですよね。

そこでこの記事では、お子さんが安心して脱毛処理が出来るように子供の家庭用脱毛器利用に関して詳しく説明していきます。

家庭用脱毛器とは

家庭用脱毛器脱毛とは、ムダ毛を毛根から根こそぎ除去するムダ毛処理方法のことです。

毛抜きワックス脱毛、クリニックでのレーザー脱毛やサロンやエステでの光脱毛などは全て「脱毛」になります。

「脱毛」と言うと永久脱毛のように処理すればするほど毛が生えなくなるようなイメージがありますが、「毛根から毛を抜く」処理を総合して「脱毛」なのです。

脱毛と除毛の違いイメージ
除毛と脱毛の違い

カミソリや除毛クリーム、電気シェーバ-での処理は皮膚内に毛が残るため「脱毛」ではなく「除毛」です。

私たちに一番身近なカミソリ処理は、皮膚内の毛が伸びてくることでまたすぐにムダ毛処理が必要になったり、毛穴に残ったムダ毛が黒く目立つことがあるのでなるべくなら除毛より脱毛処理をしたいですよね。

そんな脱毛が簡単に出来るのが「家庭用脱毛器」です。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器の種類家庭で簡単に脱毛処理が出来る「家庭用脱毛器」には、大きく分けて3つの種類があります。

脱毛器の種類

  • レーザーで毛根を破壊しムダ毛が永久的にムダ毛を生えにくくするレーザー脱毛器
  • 光で毛根にダメージを与え、ムダ毛が生えにくくする光(フラッシュ)脱毛器
  • 脱毛器で毛を引き抜き、ムダ毛を毛根から除去していく一般的な脱毛器(毛抜きタイプ)

それぞれの脱毛器によって、期待できる効果は異なります。

脱毛器の種類 期待できる効果 代表的な脱毛器
レーザー脱毛器 高い永久脱毛効果。痛みがある場合が多い。 トリア
光(フラッシュ)脱毛器 ムダ毛が生えにくくなる抑毛効果。痛みがあっても弱い場合が多い。 ケノン
一般的な脱毛器(毛抜きタイプ) 毛根からムダ毛を抜く効果。ムダ毛が生えにくくなる効果はなし。痛みがあっても弱い場合が多い。 ソイエ

家庭用脱毛器を子供が使う際の注意点

子供が脱毛器使う際の注意点はまず始めにお伝えしたいのが、家庭用脱毛器はどんな種類でも基本的には大人向けに作られているという点です。

そのため子供への利用を推奨している脱毛器はあまりありませんが、お肌の状態を見ながら注意して使用すれば使用すること自体は可能です。

ただし1種類だけ、子供への利用はしないようにと注意書きされている脱毛器があります。

「レーザー脱毛器」だよ。

クリニックでの医療脱毛として実施されているレーザー脱毛は肌への負担が大きく、大人でも強い痛みを感じたり肌トラブルが起こることもある処理方法です。

子供の皮膚は大人よりも薄いので、絶対に使用しないでください。

レーザー脱毛器の場合

レーザー脱毛器は肌への負担が大きいため、18歳未満の人は基本的には使えません。

家庭用レーダー脱毛器の代表格である「トリア」のホームページにも注意点の記載があります。

レーダー脱毛器トリア注意点

参考:トリア公式HP

もしどうしても毛根からムダ毛が生えてくる機能を弱くしたければ、光(フラッシュ)脱毛を試してみてください。

光(フラッシュ)脱毛器の場合

家庭用脱毛器レーザー脱毛器に比べて弱い力で毛根にダメージを与えていく光脱毛器は、子供への利用を推奨はしていないものの使用方法をよく守り正しく使えば使用すること自体は可能です。

お子さんが光脱毛器を利用する際に注意すべき点は、以下の通り。

光脱毛器使用の際の注意点

  • フラッシュの光を絶対に直視しない。その場にいる人全員がサングラスなどをかけること
  • 低い照射レベルからスタートさせ、肌に負担が無い照射レベルを確認しながら行うこと
  • 同じ箇所を何度も照射しないように注意すること
  • 日焼けしやすい時期はなるべく避けること
  • しっかりとアフターケアを行うこと

毛根のメラニン色素に反応してダメージを与えていく光脱毛は、日焼けした際に出来るメラニン色素にも反応してしまいます。

小中学生だと屋外での運動は定期的にあるので日焼けを避けられず、脱毛処理の際に最悪ヤケドしてしまう危険もあるので、日焼けする時期の光脱毛は辞めておいた方がよいでしょう。

また、光脱毛の処理自体は子供にさせずに親御さんが実施してあげてください。

低いレベルからの照射や、光を直視せずにサングラスをかけて処理すること、照射後の冷却など、子供だけでは忘れがちだからね

一般的な脱毛器(毛抜きタイプ)の場合

一般的な脱毛器ムダ毛を毛根から抜いていく一般的な脱毛器(毛抜きタイプ)は、使用可能年齢の明記はありませんが基本的には何歳でも使用することが可能です。

外刃が肌を抑えてムダ毛だけを引き抜くので、毛抜きのように肌も一緒に引っ張れることは少なく負担も少ないですが、力技でムダ毛を抜いていくのでどうしても肌ストレスはかかります。

お子さんが脱毛器(毛抜きタイプ)を使用する際は以下の点に注意してください。

脱毛器(毛抜きタイプ)使用の際の注意点

  • 頻繁に処理しすぎないこと
  • 埋没毛が出来やすいが無理矢理抜かないこと
  • しっかりとアフターケアを行うこと

子供が使用するのにおすすめな家庭用脱毛器

家庭用脱毛器おすすめレーザー脱毛器は小学生・中学生のお子さんへの利用は出来ませんが、光脱毛器や一般的な脱毛器であれば、肌状態を見つつ注意して使用すれば子供への使用は可能です。

様々ある脱毛器の中でも、子供向けにおすすめな家庭用脱毛器をご紹介します。

光(フラッシュ)脱毛器

お子さんへ家庭で光脱毛をしたい場合を考え、以下の条件に合った脱毛器を2つご紹介します。

  • 子供への利用を明記していない
  • 実際に子供に利用した口コミがある
  • 照射レベルを調整できる
  • 顔への利用ができる(肌に優しい)

ケノン

ケノン

子供へ使用する家庭用脱毛器の中で最もおすすめなのが「ケノン」。

楽天の脱毛器ランキングで2012年から338週もの間ずっと不動の1位で売れ続けている家庭用脱毛器です。

ケノンは照射レベルを細かい10レベルで調整できるので、まずは最小レベルから始めて肌の状態を見ながら順々に調整していくことで、子供の肌への負担を最小にした脱毛が可能です。

子供への使用実例が他のどの光脱毛器よりも最も多く寄せられているのがケノンです。

親子で使用している家庭もとても多いです。

 

フィリップス光美容器「ルメア アドバンス」

フィリップス光脱毛器

ヨーロッパで5年連続売上ナンバーワンで販売台数130万台突破した大人気光美容器。

5段階のレベル照射でムダ毛を取り除く光脱毛器ですが、「美容器」という名前がついている通り肌に優しく滑らかにしてくれる効果がありお子さんへの利用も安心です。(最初は必ず一番低い照射レベルから試してください)

フィリップスと最先端の皮膚科医との共同開発によって、家庭でもエステサロン並みの品質を実現しました。

光美容器 光エステ 〈ボディ&フェイス用〉 ES-WH95

光美容器 光エステ

パナソニックからもムダ毛ケアが出来る光美容器が出ています。

ボディ&フェイス用のES-WH95という機種は、家庭用光脱毛器ジャンルで5年連続量販店販売数が1位となっている大人気商品です。

パナソニックの最上位モデルで、お子さんの肌をいたわりながら脱毛処理することができます。

脱毛器(毛抜きタイプ)

子供用脱毛器おすすめ毛抜きのような脱毛処理を、肌に優しく手軽に出来る「脱毛器(毛抜きタイプ)」。

その中でも子供向け利用におすすめな機種をご紹介します。

ソイエ

ソイエ

毛を抜く脱毛を痛くなく仕上げるために徹底的に考えられて作られたのがパナソニックの「ソイエ」です。

やわ肌ガードが肌を抑えてくれるので、肌は引っ張られずムダ毛だけを引っ張り抜くことが可能です。

しかし、毛を引っ張りぬくタイプの脱毛器は子供にとって多少の痛みがある場合が多く、小学校高学年以降がおすすめです。

脱毛処理時の注意点

自宅で脱毛器子供子供への脱毛処理において注意すべき点や効果をまとめます。

子供に光脱毛器を使用する際の注意点

光脱毛器を子供に使用する際に最も気になるのが「肌への負担」「期待できる効果」です。

肌への負担は、使用する脱毛器の機種や照射レベル、処理後のアフターケアをしっかりと行うことで回避することが出来ますが、期待出来る効果はどうでしょうか。

処理自体ができたとしても、子供への脱毛効果はかなり個人差があります。

その理由は、光脱毛は照射した光が毛根のメラニン色素に反応してダメージを与えて毛の成長を抑制するのですが、まだ子供の頃はホルモンバランスが整っておらず、まだ毛根にメラニン色素を多く含んでいない場合が多いからです。

だからホルモンバランスが整っていないと光脱毛の効果が出にくいんです

光脱毛の効果を最大限活かすには、ホルモンバランスが整ってからが好ましいために成人以降ということになります。

ただし、だからといって効果が全く得られないわけではありませんので、肌状態を見ながら十数回繰り返し使用することで効果を期待することは可能です。

子供に脱毛器(毛抜きタイプ)を使用する際の注意点

脱毛器を子供が使う際の注意点毛抜き処理やワックス脱毛、毛抜きタイプ脱毛器など「無理矢理毛を引き抜く」処理では、処理後に埋没毛が出来やすいという欠点があります。

毛を無理やり引き抜いたことでダメージを受けた皮膚が、その傷を早く修復しようと次の毛が生えてくるより先に表皮を作り、毛をふさいでしまうのです。

子供の肌は特に皮膚が薄く、大人と比べても埋没毛が出来やすいので、埋没毛が多く出来てしまうのを避けるために処理後のアフターケアをしっかりと行うようにしてください。

一番良いのは、脱毛処理後にムダ毛ケア専用ローションで肌を整えること。

パイナップル豆乳ローション

ローションでしっかりとケアしてあげることで、肌が無理に修復を頑張らなくても健康的な状態に導くことが出来ます。

埋没毛や色素沈着、黒ずみまで防ぐことが出来るので、お子さんへ毛を抜く脱毛処理をする際には必ずローションケアも併用するようにしましょう。

クリームタイプだと油分が多すぎて毛穴が詰まることがあります。おすすめは化粧水のようなサラサラしたローションです

 

子供用のキッズ脱毛(子供脱毛)サロンへ通うという選択肢もある

キッズ脱毛のメリットデメリット「家庭での脱毛は色々と大変そうだけれど、でもやっぱり子供のうちから脱毛処理をして、ムダ毛の悩みから解放させてあげたい!」と思われる親御さんには、キッズ脱毛を検討してみると良いかもしれません。

脱毛サロンのディオーネ(Dione)では、なんと3歳から受けられる子供用脱毛器を導入しておりTVや雑誌、新聞など様々なメディアで取り上げられ話題となりました。子供脱毛のディオーネ

ディオーネで実施している脱毛は、毛根のメラニン色素にダメージを与える一般的な脱毛施術とは違い、ハイパースキン法という「これから生えてくる毛の種」に反応して発毛因子の細胞分裂を減退させます。

お子さんが施術を受けても痛みが無く、肌もとてもキレイな状態で仕上がります

こちらの動画で、具体的な施術内容が観られます。

気になる方は今なら親子で一緒に施術体験が出来ますので、一度問い合わせてみると良いかと思います。

 

脱毛処理の前に!子供におすすめなムダ毛処理は電気シェーバー

子供の自宅脱毛についてここまでお読みいただいて、「子供に脱毛処理をしたいと思ってたけど、何だか不安だなあ」と思われた方には、子供の肌にも優しくムダ毛処理できる「電気シェーバー」処理を是非考えてみてください。

電気シェーバーでのムダ毛処理は、最も肌負担が少なく、自宅で簡単にムダ毛処理が出来る方法です。

子供の頃は電気シェーバー処理を行い、大人になりホルモンバランスが整ってから脱毛処理をするという方法もあります。

私自身、そうしていました

脱毛よりは処理頻度は多くなりますが、電気シェーバーならキレイにムダ毛処理が出来るので、ムダ毛に悩むお子さんの悩みも解消してあげることができます。

子供へのムダ毛処理に電気シェーバーが適している理由や、おすすめな電気シェーバーについてはこちらの記事にてご紹介しています。

おすすめ
子供のムダ毛処理おすすめ
子供向けおすすめシェーバー5選!小中学生の初めてのムダ毛処理も安心

「子供のムダ毛が気になってきた…」 「処理してあげたいけど、子供のムダ毛処理ってどんな方法でしたら良いの?」 とお子さん ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケピカ編集部

KEPICA(ケピカ)は子供のムダ毛処理・対策などにフォーカスしたWEBマガジンです。最近は、早い子なら幼稚園からムダ毛を気にする子供もいます。またムダ毛が原因でいじめに合うことも少なくないと言います。KEPICAでは子供のムダ毛処理で気をつける点や対策方法を様々な角度からご紹介しています。

-キッズ脱毛, 中学生, 小学生

Copyright© KEPICA(ケピカ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.