幼児

幼稚園生の子供が毛深いのを気にするのは早すぎる?幼児のムダ毛事情とその対策

更新日:

子供毛深い幼稚園保育園

まだ幼稚園生や保育園児の娘が登園したくないと言い出し、その原因を聞いてみたら「”○○ちゃんって、毛がもじゃもじゃ~!”って言われたから」。

子供からそんな相談を受けたら、どうしてあげたら良いのか悩んでしまいますよね。

まだ5歳や6歳の子供だからこそ友達も何の悪気も無く容姿の事を指摘してくるケースが多く、その言葉に深く傷ついてしまったというお子さんは少なくありません。

大人と同じように、子供も外見を指摘されたら傷ついてしまいます

「毛深さ」を理由に「もう幼稚園に行かない!」「どうしてこんなにもじゃもじゃなの?」と言われてしまったら、保護者の立場としてどうしてあげればよいのでしょうか。

幼稚園・保育園児のムダ毛事情とともに、対策を考えていきたいと思います。

幼稚園生だからこそ毛深いことをストレートに指摘される

毛深さを指摘する幼稚園児常に素直な言葉や表現で会話をする幼稚園児たち。

よくあるケースでは、友達から「どうしてパパみたいに毛が生えてるの?」と言われたというものや、「毛がいっぱいあってゴリラみたいー!」「男みたいなのにスカートはいてるのおかしいね」などとからかわれたというもの。

どれを取っても子供の口から出てくる表現はあまりにもストレートな表現で、言われた方は例えまだ小さな幼稚園児だったとしても、傷ついてしまうことがあるのです。

「大きくなったらお姫さまになりたかったのに、キレイじゃないから私はお姫さまになれないの?」という質問を4歳の娘からされてビックリした、といった意見も見受けました。

毛深いと馬鹿にされて傷つくのは幼稚園生じゃ早すぎる?

毛深い幼稚園児の悩み幼稚園で子どもたちは日々色々な会話をしています。その中にはムダ毛以外の事でも、友達から何か言われて傷つくこともあるでしょう。

子供達は日常的に友達とけんかしたり一時仲が悪くなったり…ということもあるので、ムダ毛を指摘されたとしても一過性のものだと思ってしまいがち…

親の目線で考えると「毛深いことを指摘されたからって、気にしないでほしい」とお子さんに対して思う方も多いようです。

しかし、最近の子供たちは小さい頃からオシャレな格好をさせられたり、スマホで撮った写真をパパやママと頻繁に見返すなど、「自分の容姿への興味」はかなり低年齢の頃から持つようになりました。

日本最大級の相談サイト「Yahoo!知恵袋」などにも、沢山の親御さん方から、お子さんの「ムダ毛」に関する悩みが投稿されています。

東京都 | 30代 | 女性

 ママ口コミ

5歳の娘がすね毛の濃さに悩んでいるのですが…


私の娘はまだ5歳の女の子なのですが、自分のすね毛の濃さが気になるようでとても悩んでいます。幼稚園の制服は半ズボンなのですが、それも穿きたくないと言います。親から見ると、確かに濃いほうかとは思いますがまだ幼稚園生の娘が悩むほどだとは思えません…。とはいえ親として今、何をしてあげるのが最善なのでしょうか…

山梨県 | 30代 | 女性

 ママ口コミ

6才の女児が腕が毛深いことを言われ幼稚園に行きたくないと泣いています


誰かアドバイスをください。まだ幼稚園に通っている6才幼稚園年長、女児の母です。

先日、幼稚園で腕の毛が濃いとバカにされ、その後は腕だけじゃなく足などの毛も濃いと言われたりして「毛がもじゃもじゃなの!」と泣くようになりました。とにかく幼稚園には行きたくないと言います。まだ6才ですが、シェーバーなどで毛を剃ってしまっても問題ないのでしょうか。

香川県 | 20代 | 女性

 ママの口コミ

まだ6歳の男の子ですが顔の毛が濃いことに悩んでいます


幼稚園の年長の息子についてです。パパが毛深い体質なためか息子も小さいうちから毛深めです。特に顔の毛が濃くて、眉毛が繋がりそうなくらい濃く生えています。鏡を見ると自分の顔の毛が嫌なようで暴れて、泣いたりすることも。顔の産毛などは何歳から処理して良いのでしょうか。

幼稚園生でも毛深いことで悩んでいる子がいるということはよく分かりました。

毛深いと悩んでいるという部位も、大人とほぼ同じで「うで」「足(すね)」「顔の口周りの産毛(ヒゲ)」「背中」と広範囲に渡っています。

それだけ毛深いことに悩んでいる幼稚園生がいる、ということなのですね。

そのことは2010年にベネッセが行った「子供に対するムダ毛調査」からも分かります。

幼稚園児は対象となってはいませんでしたが、小学1年生対象にした調査結果として「ムダ毛をとても気にしている」が1.4%、「まあ気にしている」が2.7%、合わせて4.1%もの小学1年生が、ムダ毛を気にしていると回答しています。

100人いたら4人も気にしているという結果です。想像していたより多いと感じませんか?

子供のムダ毛意識調査

このことからも、「5歳でムダ毛を気にするなんて、早すぎるよね…」なんてことはなく、もしお子さんが毛深い事に悩んでいるようならしっかりと向き合いムダ毛対策に取り組んでいく必要があるのです。

ムダ毛を気にする子供の悩みの解決方法は

子供毛深い幼稚園

「親としてどう接してあげたら良いのか」お悩みの保護者さんも多いでしょう。

周りで同じように悩んでいる子どもたちが少なく、親御さんの方が悩んでしまう場合も少なくありません。

また、「そのままの状態で放っておいたらいじめられないかな?」といじめへの発展を心配するパパ・ママもいます。

そんな、「まだ未就学児のお子さんがムダ毛に悩んでいる場合」の解決方法を、これから3つご紹介します。

子供の話を受け止め、愛情を与えてあげる

脱毛できない子どもの悩み

まず大切なことはお子さんの悩みをしっかりと「受け止めてあげる」ことです。

まだ幼稚園生ですから自分が傷ついた時にどう気持ちを切り替えたらよいか、どう克服していけば良いか、お子さんもその方法が全く分からずに辛い想いをしているはずです。

だからこそ悩みを親子で受け止め、「どんなあなたでも大好き」「みんなそれぞれ違っているから可愛いんだよ」「毛はあなたのお肌をしっかりと守るために頑張ってくれてるんだよ」と話してあげましょう。

自分が悩んでいる時に注いでもらった愛情は、きっとお子さんに勇気を与えるはずです。

必要に応じて電気シェーバーや床屋で剃ってあげる

幼稚園児や保育園児のカミソリそうは言っても、「明日はプールだからどうしても水着になりたくない」「口の周りのおひげを笑われるから幼稚園に行きたくない」などど、お子さんが深く悩んだまま解決しない場合もあるでしょう。

そんなときは、肌に優しい電気シェーバーで剃ってあげるか、床屋などのプロに剃刀を任せてみても良いでしょう。

まだ幼稚園の男の子でも、口周りの産毛が目立ち気になるという子もいます。

電気シェーバーを用いてムダ毛を剃ってあげる場合のオススメ剃刀は、パナソニックの「フェリエ(Feerie)」。

パナソニックフェリエ

幼稚園生だからと言って、ムダ毛を剃ってはいけないなんてことはありませんし、一度剃ってしまったからと言ってどんどん濃くなることもありません。(毛の断面上、「濃く見える」ことはあります。)

ただし、お肌が傷つきやすいので、除毛後の保湿をしっかりと行ってあげてください。

保湿は何かお手元にあるクリームでも良いですが、油分が多いと毛穴に詰まり、それが後々毛穴の黒ずみに繋がる危険性がありますので化粧水のようなローションの方がおすすめです。

除毛後の保湿に最適なのは、ムダ毛処理後ケア専用ローションのパイナップル豆乳ローションです。

パイナップル豆乳ローション

赤ちゃんでも使えるから幼稚園生でも使ってOK

成長してホルモンバランスが安定するまでは毛が濃くなったり薄くなったり変化することもあるので、適宜対処してあげましょう。

キッズ脱毛(子供脱毛)へ通う

ディオーネのキッズ脱毛

シェーバーで繰り返し処理をするのが大変だから何か他に手は無いのか?とお探しの親御さんには、キッズ脱毛(子供脱毛)を検討してみても良いかもしれません。

日本で唯一、3歳から通える脱毛サロンであるDione(ディオーネ)であれば、全国に120店舗ありますし安心安全で痛くない子供向け脱毛施術を受けることが出来ます。

しかし、幼稚園生がキッズ脱毛へ通う際に大きな不安点が、「施術中ずっとジッとしていられるか」ということです。

ジッとしていられないと断られちゃうよ

幼稚園生ですと、まだ活動を始めていない毛根も多くあるために、脱毛サロンで完璧にムダ毛を処理することは残念ながら出来ません。

それでも、すでに生えているムダ毛には作用するので1つの選択肢として考えてみても良いかと思います。

抑毛ローションや抑毛ジェルでムダ毛を薄くしていく

コントロールジェルME

剃ったり脱毛施術を受けたり、何か機械を使ったムダ毛処理にはまだ抵抗がある…といった場合は、子供でも使える「抑毛対策グッズ」もオススメです。

抑毛とは、毛を薄くしたり毛が生える周期を遅らせたりすること。

抑毛効果がある成分配合のローションやジェルをそのままのお肌に毎日塗ることで、次第にムダ毛を目立たなくすることが出来ます。

子供向け抑毛ジェル

コントロールジェルMEは特に低学年のお子さんを持つ親御さんに人気がある抑毛ジェルです。

コントロールジェルME

まだ幼稚園・保育園のお子さんにも使うことが出来るので、長期的に見るととても良い方法ですね。

 

ご両親でしっかり話し合って出来るところから対策を

幼稚園児のムダ毛対策

親御さんから見たら我が子の毛深さも「個性の1つ」として可愛いものだったりしますが、やはり悩んでいるお子さんをそのままにはしておけないですよね。

最近では3歳から通えるキッズ脱毛もありますし、紹介した抑毛グッズなど、取れる対策の幅は広がってきています。

どんな対策をしてあげるにも、子供の悩みに両親一体となって受け止めてあげ、取れる対策の方針がしっかりと決まればお子さんもより安心できるでしょう。

幼稚園生ならまだまだ世界はこれから広がっていくところ。

小学校に上がると益々世界も広がりますし、成長とともに自分自身の外見がより気になりだしてきます。

お子さんが一番元気になれる方法を今のうちに是非、お父さんお母さん共々一緒になって考えてあげられると良いですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケピカ編集部

KEPICA(ケピカ)は子供のムダ毛処理・対策などにフォーカスしたWEBマガジンです。最近は、早い子なら幼稚園からムダ毛を気にする子供もいます。またムダ毛が原因でいじめに合うことも少なくないと言います。KEPICAでは子供のムダ毛処理で気をつける点や対策方法を様々な角度からご紹介しています。

-幼児

Copyright© KEPICA(ケピカ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.